TOP
0
ホーム > 人財共育

Human Resources Education

人材教育
人は財産である。
私たちの考えです。

高木製作所では人材教育を「人財共育」と書きます。これは「人は単なる材料ではなく財産」と考え、「学校のように先生が生徒を教え育てるのではなく、教える側も教えられる側も共に育って欲しい」という願いをもって名づけました。我々の目標は、社員全員が社業であるプレス加工に精通した“金型マン”になり、ひいては海外のビジネスで活躍してもらうことです。そのために次の5つの講座を設けて毎週1回就業時間中に約2時間の共育講座を開催しています。

主なカリキュラム

はじめは教えられる側からの参加ですが、数年経って成長し今度は教える側として参加してもらう。これが当社活動のねらいです。

1
一般共育
マナー、プレゼンの仕方、海外とのコミュニケーションなど
2
原価共育
当社の原価についての考え方、社内システムの活用
3
品質共育
測定・検査の方法、TQM(トータルクオリティマネジメント)の考え方など
4
技術共育
当社の設備、金型とプレス加工、図面の見方など
5
TPS共育
TPS(トヨタ生産方式)とは、かんばん(製造管理票)とはなど